[PR] ブライダル
【PC自作に役立つ知識】オンボードグラフィックとロープロ対応グラボの性能差は?【その9】 廃墟になりました。

廃墟になりました。

過去の話。
スポンサードリンク
☆2012新作エロ動画!☆


[カトパ○!]


[S級モデル!]


★↑エロ動画が満載↑今日のオカズは決まり↑★
相互リンク 新着記事
最新の記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【PC自作に役立つ知識】オンボードグラフィックとロープロ対応グラボの性能差は?【その9】 

今回はPC自作に役立つ知識その9! あと一回で二桁ですね。
頑張ります!

( ゚д゚)ノ ハイ!シツモーン!
「オンボードグラフィックとロープロ対応グラボの性能差は?」

     ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    ,(●) (●)、\   
 |       (__人__)    |   
 \     ` ⌒´   /      やる夫がお答えしますお。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   || グラフィックボードは特に進化が著しいパーツです。
Geforce6150/nForce430チップセットを搭載したマザーボードは
2005年の末に発売され、すでに3年近くたっています。
結論から言えば、ロープロファイル対応の製品でも
GeForce 6150と比べて3DMARK05のスコアで
10倍以上の性能を持ったグラフィックボードはざらにあります。

GeForce6150はDirectX9に対応し、ビデオコンテンツを高画質化する
PureVideo機能なども搭載しています。

要するにオンボードグラフィックよりロープロファイル対応のグラボの
方が優れている場合が多いです。 ですので、これから購入する場合は
1万円以下でもオンボードよりすぐれたグラボが手に入ります。

BUFFALO NVIDIA GeForce8400GS搭載DirectX10対応 PCI Express x16用グラフィックボード GX-84GS/E256BUFFALO NVIDIA GeForce8400GS搭載DirectX10対応 PCI Express x16用グラフィックボード GX-84GS/E256
(2007/09/19)
不明

商品詳細を見る




この記事をリンクする?:


[ 2008/08/05 00:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Shopping
プロフィール(´・ω・`)

RYO

Author:RYO
おじさんおじさん
CPCPCP
GUNDAM!!!

カウンター
-CATEGORY-
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 【PC自作に役立つ知識】オンボードグラフィックとロープロ対応グラボの性能差は?【その9】
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年08月05日 (火)
  • 00時00分13秒
by AlphaWolfy
カテゴリークラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。