[PR] ブライダル
【久々の】 Microsoft Wireless Laser Desktop 6000 【買ってきましたシリーズ!】 廃墟になりました。

廃墟になりました。

過去の話。
スポンサードリンク
☆2012新作エロ動画!☆


[カトパ○!]


[S級モデル!]


★↑エロ動画が満載↑今日のオカズは決まり↑★
相互リンク 新着記事
最新の記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【久々の】 Microsoft Wireless Laser Desktop 6000 【買ってきましたシリーズ!】 

それでは久々の買ってきましたシリーズ、行ってみましょう!

バドミントン動画の件は深く深く反省し、きれいさっぱり忘れます。

忘れないと罪悪感でいっぱいで、サイトの更新さえ満足にできないので・・・。

はい! 忘れます! 忘れますったら忘れます。 

ご迷惑をおかけしたみなさま誠に申し訳ございませんでした!



貯まっていました買ってきましたシリーズ、まずは

マイクロソフトのデスクトップセットから紹介です。

DSC03939.jpg
購入先はkonozamaことamazonです。

amazonはこのような商品は安くてお買い得なのが良いところです。

DSC03942.jpg

実際に配置してみるとこんな感じ

キーの形状がカーブしていますが

これがまた良いんです。 

私が初めて使い始めたデスクトップのキーボードが

マイクロソフトの2500円程度で売られている

カーブ形状のキーボードだったんですが

これに慣れすぎてしまった結果、普通のキー形状のキーボードで

ブラインドタッチができなくなりました><

ですので、私が使いこなせるのはマイクロソフト製でしかも

カーブ形状のキーボードのみなんです。

なんとまぁ、異端になってしまったことか・・・。

DSC03941.jpg

マウスの形状はこんな感じ

以前使っていたWireless keybord 3000のマウスよりも

若干大きいですが手にフィットするので問題なしです

マウスの性能も光学式からレーザーに変わりましたので

以前使っていたマウスパットは、はがしました。

はがしても反応速度は上々です。

マウスもなかなかの高性能です。


~総評~

キーボードのキータッチは特殊なカーブ形式を採用していますので

慣れるまでは打ちにくいかもしれませが

慣れてしまうと手放せなくなります。


マウスについてはレーザー式なので、場所を問わずに

利用が可能です。

お買い得度は今のマウスとキーボードに不満を感じている方は

是非買い換えをご検討ください。

マイクロソフト製のを買えばまずハズレはありませんよ!

とマイクソロストフトキーボード厨の私からの

簡単なレビューでした。



この記事をリンクする?:


ワイヤレスいいですね~
私はパンタグラフが好みなんですがなかなかワイヤレスパンタグラフで打ちやすいのが見つからないんですorz

記事とは関係ないですがさりげなく写っているiPodが羨ましいです・・・
[ 2009/02/19 21:13 ] [ 編集 ]
自分もマイクロソフトのワイヤレスマウスを使っていました
今魂抜けちゃって(電池がきれて)動かないんですけど、手を当てたときボタンがちょうどいいところにきていいですよね
ただ電池の食いが異常でした

余談ですが
PSP-3000もちょっとした改造が加えられるようになったようですよ
Gripshiftってソフトが必要らしいですけど
[ 2009/02/20 14:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Shopping
プロフィール(´・ω・`)

RYO

Author:RYO
おじさんおじさん
CPCPCP
GUNDAM!!!

カウンター
-CATEGORY-
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 【久々の】 Microsoft Wireless Laser Desktop 6000 【買ってきましたシリーズ!】
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2009年02月19日 (木)
  • 19時31分58秒
by AlphaWolfy
カテゴリークラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。