[PR] ブライダル
【独断と】 マザーボードの選び方 【偏見に満ちた】 廃墟になりました。

廃墟になりました。

過去の話。
スポンサードリンク
☆2012新作エロ動画!☆


[カトパ○!]


[S級モデル!]


★↑エロ動画が満載↑今日のオカズは決まり↑★
相互リンク 新着記事
最新の記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




この記事をリンクする?:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【独断と】 マザーボードの選び方 【偏見に満ちた】 

それでは、昨日紹介できなくて申し訳ないです。

本日はマザーボードことママンの選び方を解説していきましょうか!


ASUSTek マザーボード LGA775対応 P5Q DELUXE P5Q DELUXEASUSTek マザーボード LGA775対応 P5Q DELUXE P5Q DELUXE
()
不明

商品詳細を見る

上記がマザーボードです。

マザーボードはCPUと違って2つのメーカだけではありません。

といっても勢力を伸ばしているのは主にGIGABYTEとASUSの2社ですが・・・。

とまぁ、それでは

【続きを読む】から行ってみましょうか! マザーボードは

名前からして一番重要なパーツです。

その名の通り全てのパーツの接続先であり、管理先でもあります。

価格帯もピンからキリまであり高ければ高いほど

付属品や性能が豪華になっていきます。

それではマザーボードについているソケットの解説をしてみましょう。



①CPU

ソケットにもいろいろな種類があり、

インテル系ならLGA775
AMD系
ならソケット939AM2 が有名ですね。

ちなみに購入した際このソケットにソケットカバーがついてきますが、
もし不具合があって返品する際、ソケットカバーも必要になることがあるので、
間違えて捨ててしまわないように注意しましょう!


②メモリスロット


メモリを差し込むところです。

ここもメモリスロットの種類によって
差し込むことのできるメモリが変わってきます。

メモリスロットの種類についてはメモリーの種類と対応しており、

DDR SDRAM(ディーディーアールエスディーラム)
DDR2 SDRAM(ディーディーアールツーエスディーラム)
DDR3 SDRAM
とあります。


現在主流はDDR2 SDRAMです

 

③PCIスロット


ビデオボードやサウンドボードなど拡張カードを差し込むところです。

もうかれこれ10年以上も前から使われていますが、
いまだに現役なすごいやつです

最大転送速度133MB/秒

なかなかのはやさです。

 

④PCIエクスプレス×1スロット


1つ上のPCIスロットの進化版で、
最大転送速度500MB/秒。

更に早いですね。

ただこのコネクタに対応する拡張カードは
わずかしか生産されていないのが現状
です。


⑤PCIエクスプレス×16スロット


ビデオカードを差し込むところです。

一昔前にはAGPスロットというビデオカードスロットもありましたが、
現在はAGPスロット自体ないマザーボードも増えてきています。

ですので、現在の主流はこのPCIエクスプレス×16です。

最大転送速度データ送信4GB/秒データ受信4GB/秒で、
合計8GB/秒。

 

IDEインターフェース


ハードディスクや光学ドライブなどのIDEケーブルを接続するところです。

別名”Ultra ATA””E-IDE”とも呼ばれることがあります。

コネクタ側とケーブル側の切り欠きをあわせて接続します。

ATA/100最大転送速度100MB/秒)と
ATA/133最大転送速度133MB/秒)の2種類の規格があります。

今後は最近主流になってきているSATAに移行していくことと思います。

 

FDDコネクタ


フロッピーディスクドライブのケーブルを差し込むところです。

IDEのインターフェースと似ていますが、
FDDの方が少しサイズが小さいです。

FDDケーブルもIDEケーブルと似ていますが、
FDDケーブルは一部がねじれているという違いがあります。

何十年後かにはFDDコネクタもなくなっていくでしょうね。

 

⑧チップセット


チップセットは基盤についている各部分をコントロールする重要な部分です。

CPUソケットに近い方を北にあるから”ノースブリッジ”
南にある方を”サウスブリッジ”といいます。

それぞれコントロールする部分が違い

ノースブリッジ
CPU、メモリ、PCIエクスプレス、AGPなどをコントロールしています。

サウスブリッジ
シリアルATA、PCIスロット、ドライブ類、各種I/Oポートなどをコントロールしています。

これらはCPU同様かなりの熱を持つので、
ヒートシンク冷却ファンがついているものが一般的です。

このチップセットの性能マザーボードの性能が決まるいうことになります。



肝心のマザーボードの選び方ですが

一番イイは予算の都合にあわせて選ぶことです。

最小価格のと最高価格のマザーボードでも同じチップセットを搭載していれば

動作に何ら影響はないので、予算に合わせて選んでいただいてOKです。

お薦めのマザーボードメーカはASUS・・・はダメです。

P5K-EでBIOSがクラッシュして画面がうんともすんとも言わなくなってから

嫌いになりました。 ですがサポート体制はしっかりしてます。

私のお薦めはなんといってもGIGABYTE、独自の冷却機構を採用しており

よく冷えます。 またEasy TuenによりOCもボタン一つで手軽にできます。

めんどうなBIOSの設定は一切無しです。 機能も申し分なく

今現在はヒートパイプを装備しているのがほとんどで見た目もかっこいいです。

他には低価格向けのASROCKやINTEL純正のマザーボードや

MSIなどたくさんのメーカーからいろいろなマザーボードが発売されています。

選ぶのを悩むかもしれませんが、GIGABYTEを選んでおけばまず間違いありません。

戯画厨の私が申すので間違いありません。 いままで選んで失敗はありませんでした。

不具合も一切なく快適につかえています。

悩んだらGIGABYTEちゃんを選んであげてね!




この記事をリンクする?:


FDDはBIOSが吹っ飛んだとき楽に修復できるのであったほうがいいと思いますよ。 まぁ最近のBIOSが二つ搭載されたマザボはいりませんがね。

あとゲーマーならグラボで有名なnVidia製のマザボもオススメ。

intelもマザボ作ってる事も忘れちゃだめよ。
[ 2009/03/31 11:41 ] [ 編集 ]
へぇGIGABYTEも良さそうですね。今度作るときはそれにしよう!
intelのマザーは高いと思うのは俺だけ??ww
[ 2009/03/31 12:19 ] [ 編集 ]
P5K-E使ってるのに・・・

急に怖くなってきたwww
[ 2009/04/01 11:39 ] [ 編集 ]
戯画厨乙www



GA-EP45-UD3R買いました。
[ 2009/04/03 11:00 ] [ 編集 ]
X58はASUSのがいいお
[ 2009/05/21 03:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Shopping
プロフィール(´・ω・`)

RYO

Author:RYO
おじさんおじさん
CPCPCP
GUNDAM!!!

カウンター
-CATEGORY-
最近のコメント(コンパクト)
データ取得中...
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 【独断と】 マザーボードの選び方 【偏見に満ちた】
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2009年03月31日 (火)
  • 10時03分45秒
by AlphaWolfy
カテゴリークラウド


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。